このエントリーをはてなブックマークに追加
コレが好き!みんなの趣味とエンターテイメント

エンタメとしての音楽ならカラオケ

音楽はまじめなものも、くだけたものもエンタメと捉えられることの方が多いと思います。
音楽を仕事としている私ですのでちょっと気になるテーマではあります。
音楽に対する世の中の一般的な考え方は、楽しみ、娯楽、趣味、くつろぎ、遊び、ストレス発散、気分転換、など音楽はそういうものと思われている傾向がある思いますし、実際そういう面があるということも当たっています。
私も仕事としての音楽は別として、仕事がない日のカラオケや他の人の演奏などは思いっきり楽しむだけです。

特にカラオケは私の音楽でのエンタメとしてとても活躍しています。
ひとつのマイブームでもあります。
主に歌うのは10代のころに歌った歌が私は好きで、よく週末は主人とのどを鳴らしています。

自宅にカラオケセットを揃え、主人と先を争って歌いまくります。
音楽でここまで楽しめるのはカラオケが私のエンタメになっている証拠だと思います。
さて、仕事での音楽に関してはエンタメだとは全く思えません。常に真剣勝負だからです。

安月給とはいえ、実力が勝負の世界ですので一切の手抜きはできません。世間一般が思う、音楽が仕事だなんて楽しいでしょうね、なんてことは夢の夢、超厳しい世界なんです。

もちろん、仕事がうまくいったときや感謝されたときなんかは、この仕事やっていてよかったと思います。
その、反動なのでしょうか、先ほど言ったカラオケが唯一音楽として楽しめるものです。

これからも、レパートリーを増やしつつ、18番をとことん極めて、音楽を心から楽しみたいと思います。