このエントリーをはてなブックマークに追加
コレが好き!みんなの趣味とエンターテイメント

エンタメの中での音楽

もともとエンタメの起源は音楽にあるといってもいいと思います。
演劇や舞踏などでも必ず音楽がありますし、元々は音楽を神に捧げたという歴史が洋の東西を問わずあったことは、よく知られている事実です。

また中国の古代でもその音楽に魅了されて、国を傾けた王様も何人か歴史に残っています。
また西洋でもギリシャ悲劇に代表されるような演劇の分野でも音楽が大きな影響を与えたのは予想できると思います。
ポピュラー音楽もエンタメの音楽の重要な部分ですが、例えば西洋のクラシック音楽もモーツアルトなどはその時代のポピュラー音楽ということだったそうです。

またフランスのシャンソンやイタリアのカンツォーネ、米国ではジャズなどもその時代のエンタメの音楽だったということになると思います。

それで今に至るのですが、エンタメは今の社会では無くてはならないもので、それがなくなれば社会が暗くなるという感じのものとなっています。
日本でも例外ではなく、楽しむということが生活の中であるからこそ、苦しい人生も生きてゆけるということになると思います。
その点でもエンタメや、その音楽は欠かせないものなのでしょう。音楽はもちろんそれだけでも、人の思いを高揚させて楽しませ、生活の精神的な支えになってくれますが、例えば音楽に合わせて踊るということも、欠かせないものだと思います。
踊りも音楽と同じで古代では神に捧げる神聖なもので、日本でも巫女さんがよく儀式で踊ったりしていますが、そこにも音楽が欠かせないものとなります。

比べてお得!